アンテナ工事でパーフェクトな環境|最高の住み心地

一軒家

ブロックで壁を作るには

ブロック

ブロック塀とは

ブロック工事は、ブロック塀などブロックを用いて何らかの物を作ることを指します。ブロックはコンクリートを規格化された型枠に流し込み形成したものでありさまざまな場所で用いられています。特にコンクリートで壁を作るためには型枠を作り、そこにコンクリートを流し込む必要があり、手間も時間もかかりますがブロック工事であればブロックを積み重ねることで壁を作ることが可能です。このため短時間で施工することが可能ですし個人でも簡単に作ることができます。しかし、ブロック工事は高さが高くなるほど難易度が難しくなり、高い技術が求められます。特に高さが増すことでブロックは単に積み重ねるだけではなく鉄筋を通したり、モルタルを充填するといった作業が必要になります。

業者選びのポイント

ブロック工事を請け負っている業者は多くありますが、専門に行っている業者を選ぶことがポイントといえます。特に高い塀を作る場合には施工不良が将来の危険リスクに直結します。ブロックを置く場合にはブロックの置く部分を平らにする必要があり、コンクリートで水平な地盤を作る必要があります。また倒れないように鉄筋を通す必要がありますが、この場合には地面に突き刺すだけではなく埋まる部分をT字またはL字に加工することで倒れないようにすることが可能です。またブロックを置く部分のコンクリートも単に流しこむのではなく、その前に地面をしっかりと転圧し、砕石を敷き詰めておくことが将来的にブロック塀を歪ませないために重要です。また耐久性を高めたい場合には地面を掘り下げて1ブロック分を埋めるといったことも行う必要があります。